♢プリザーブドフラワー、ドライフラワーの歴史と特性♢



1991年、フランスのヴェルモント社がパリで発表した「長寿命な切り花の製造技術」がプリザーブドフラワーのスタートです。 生花に着色料・オーガニックなどを混ぜた薬剤を、花の力によって吸い上げ特別加工したまったく新しいお花で、そうした方法で薬剤を吸い上げているから、着色とは違い自然な色合いが生まれ、一輪ずつ表情が違います。


最大の特徴は生花のようにソフトでみずみずしいのに、長時間美しく咲き続けることです。 瑞々しいままの柔らかな風合い、美しい色合いを長く楽しむことができるように作られた生花でもドライでもない、新しいスタイルのお花がプリザーブドフラワーなのです。 保存状態がよければフレッシュな状態で長い期間咲き続けます。 アレルギーの原因となる花粉やにおいもありません。(少し香るものもあります。)


ドライフラワーは観賞用に自然の草花を乾燥させたもの。 自然乾燥,立枯れたものを採集したナチュラルなスタイルのお花です。 枯れてゆく植物の美しさを惜しみ、何千年にもわたって親しまれてきたドライフラワー。 「この美しさを長く楽しみたい!」と願って作られたのがドライフラワーです。


自然乾燥の製法から、花のサイズや色合いをキープできる技術(フリーズドライなど)が生まれ、大変な人気となったドライフラワー。しかし、花の硬さや変色といった問題は残されたまま……。 そこで、自然な風合いを残したまま、さらに生花に近い状態で長期保存できるものは作れないものかとプリザーブドフラワー技術の研究が始まりました。 ドライフラワーとはまったく違う方法で、花の姿をそのまま残しさらに長期保存が可能、そして花をさまざまな色に染色できる技術がスタートしたのです。以来、プリザーブドフラワーの研究・開発は進化を続けています。



※プリザーブドフラワー、ドライフラワーどちらとも自然のお花を加工したものです。生花同様、花びらや実が落ちたり色の変化などもございます。特にドライフラワーは環境によって様々な変化がございます。プリザーブドフラワーとドライフラワーそれぞれの違いや特性を御理解の上、アレンジを楽しんで頂けます様、宜しくお願い申し上げます。

※Fleursbleues/Coloriageのアレンジの特徴と致しまして、沢山のお花とグリーンや実などのプリザーブドフラワーを使い、そこに発色の綺麗なもの、状態の良いドライフラワーを合わせてお作りしています。

※お直しなどの対応もしております。先ずは状態を見させて頂き、同じお花で、季節によって入手困難なものは雰囲気を損ねない様に、お直しさせて頂きますのでご遠慮なくご連絡下さい。ご不明な点などがございましたら、メールにてご遠慮なくお問い合わせ下さい。 



Img_73eab7bfd2ebae0d2eccf35752ffee78